セダルバーグの自然が生んだ偉大な贈り物・・・

スーパールイボスとは ・・・

人類発祥の地、南アフリカの奥ケープ州セダルバーグ地方、不毛の砂漠にまだ文明の兆しさえない昔、先住民たちの間でいつの頃からか、誰が言うともなく「奇跡の薬草」と言われ、その後、数千年の時と多くの人の手により改良が加えられ、レッド・マウンテンティー(山の上でのみ取られる赤い色の茶)別名:ノルティアタイプとも呼ばれたが、南ア政府農業省(当時)は、農業生産物標準条例やルイボス輸出管理に関する標準/必須条件により政令にて等級第1位のルイボスをスーパーグレードルイボスと定めました。
当社が直輸入しているスーパールイボスは世界中でも僅かで数百トンしか採れません。当社はアパルトヘイト(世界中が南アに対して経済的制裁中)の昔から南アフリカ政府(当時)より
独占輸入販売権を世界でただ一社だけ獲得した会社です。1997年12月に南アルイボス市場がオープンになり、当社はスーパールイボス農園と直接契約をし、約30年を経た現在も直輸入をしております。

人は病気さえしなければ125歳位迄生存可能と学会発表もされ、その病気の原因の90%は体内で増えすぎた活性酸素が原因と言われている中、当社スーパールイボス(R)にはその活性酸素を分解する働きのある酵素のひとつであるSOD酵素が1g中に13万ユニット含有し、さらには必要なミネラル成分が含有されていることも分析試験に於いて証明されています。

スーパールイボスの歴史について

↑ 東京・紀尾井町「ホテルニューオータニ」に於いて日本政府と南ア政府と両国財界人達の後援・協賛による南アフリカ・シンポジウムと政治・経済パネルディスカッションが行われた。
当時、南アフリカサイドより初めて日本に「スーパールイボス」を輸入した功績を称えられ、その内容が日経新聞に掲載されました。

↑ 南アフリカ共和国のマンデラ新大統領(当時)を祝う集会(1994年5月22日)
「マンデラ・ヴィクトリー・パーティー」
東京ラフォーレ原宿にて。 主催・アフリカ民族会議 NHK取材風景と日本ルイボスティー本社のスタッフたち

↑ 南アフリカANC事務所閉所「レセプション」にて (1994年5月27日)
当時の衆議院議長も出席されたレセプションに、所長と友人関係にあった九條社長(現会長)は特別招待を受けた。

↑ 南アフリカ共和国ケープ州セダルバーグ・クランウィリアム(ルイボスの故郷)で行われたフェスティバルに招待をうけて。
アパルトヘイトの時代に初めて日本に「スーパールイボス」を輸入し日本にルイボス市場をスタートさせた始まりの会社として街の目抜き通りの行進に交わる日本ルイボスティー本社のスタッフ達と、中央・九條社長(現会長)と常務(当時)
あの時の街が一体となり歓迎していただいた事は今でも思い出します。

↑ 上記の写真に続きクランウィリアム(ルイボスの故郷)式典会長にて。
中央に当時の駐南アフリカ日本大使ご夫妻、中央に九條社長(現会長)右に常務(当時)、サイドに当社スタッフと現地通訳の方と共に。

↑ 政権交代する前年にANCアフリカ民族会議本部を訪れた時にネルソン・マンデラ議長室にて (1993年9月)
右から、当時ちょうど南アに戻っていたANCイタリア代表、ANC副議長(当時)、現地のコンダクター、左が九條社長(現会長)

スーパールイボスができるまで

只今、「スーパールイボスができるまで」は更新制作中です。

株式会社日本ルイボスティー本社®
〒370-0025
群馬県高崎市下斉田町615-2
月~金 10時~18時
027-388-9939(代表)